犬

ペットが皮膚病になる前に薬用シャンプーで対策しよう

犬を飼っている人へ

動物病院

薬用シャンプーがお勧め

自宅で犬をペットとして飼っている人は、とても多くいらっしゃいます。犬を飼う場合、一番注意するべきなのは皮膚病です。そもそも犬の皮膚は、人間の皮膚と比べて薄く、とても傷つきやすいです。また、厚い被毛に覆われているので、蒸れて細菌が繁殖しやすい状態です。そのため、傷口から雑菌が侵入して皮膚病になる確率が高いです。ペットが皮膚病にかかると、脱毛、痒み、臭い、炎症、発疹などの症状が起こります。子犬の場合、あまりにも刺激が強く、十分な睡眠時間を得られなくなります。その結果、免疫力が落ちて弱ってしまうこともあるのです。ペットが皮膚病にならないためには、薬用シャンプーでこまめにケアする事が大事です。犬の体の衛生状態を良くできるので、簡単に皮膚病の予防になります。

シャンプーをする際のコツ

ペットの皮膚病を未然に防ぐには、薬用シャンプーがお勧めです。シャンプーを使う際は、闇雲に洗えば良いわけではなく、いくつかのコツがあります。まず1つに、お湯の温度をおよそ30度に保つ事が大事です。犬の皮膚はとても薄いので、人間が心地よく感じる温度で濡らすと、体がすぐに熱くなります。なので、とてもぬるいと感じる程度の温度がちょうどいいです。体をある程度濡らしたら、シャンプーをしっかり泡立てて、皮脂の汚れを落としていきます。首の根元、足首など細かい部位まで満遍なく丁寧に洗う事が大事です。そして、最後にしっかりと洗い流していきます。洗い残しがあると、シャンプーの成分で皮膚炎の原因になります。なので、最後まで丁寧に行うことが大事です。